MENU

お金が必要!派遣社員・フリーターでも借りられる?

 

派遣でも、フリーターでも生活保護を受けていても、お金が借りたい

お金が借りたい時、派遣社員やフリーターで生計を立てている場合でも借り入れは可能?

派遣やフリーターアルバイトの場合、基本的に「働いている」ため収入が確保さへています。よって、よっぽどのことがない限りは大手の消費者金融や銀行のカードローンの借り入れができないリスクは少ないでしょう。

 

  派遣の場合

 

 

派遣社員は年に何回かの更新を得て仕事を続けていくため、いつ収入が切れるか不透明です。
お金を借りるすべはあるのでしょうか。
派遣社員でも一定の収入があることが確認できれば、
消費者金融や銀行のカードローン等でお金の借り入れをすることは可能です。

 

【消費者金融・銀行カードローン】

大手の消費者金融でWEB完結をすれば、派遣先や派遣元である派遣会社にバレずに借り入れすることも出来ます。
50万円以内であれば初回の審査で落ちることは少ないでしょう。
ですが、複数社に借り入れがあったり、以前に返済額を滞納した経歴を持つと働いていても審査に落ちることもありますが、
「堅実な人柄」を印象つけるために金融会社の確認の連絡の際は、正直に過去の経歴のことを話すことをおすすめします。
「ブラックの経歴を話しても、審査が通った」事例もありますので、慎重にやり取りを行いましょう。
銀行のカードローンも同様に使うことができます。
また大手よりは審査が比較的甘いネット銀行のカードローンを使うなどすると、借り入れの幅が広がるでしょう。
特にライフティは融資率の高さが有名です。

 

 

【投資信託】

投資信託を担保に借り入れをするという方法もあります。
投資信託でお金を運用している場合にのみ有効な手段にはなりますが、
投資信託を担保に借り入れをする証券会社のローンが存在することも
覚えておくと、役に立つときが来るかもしれません。

 

大和証券・ 野村証券・SBI証券・日興コーディアル証券の四社では
投資信託を使ってローンを組む商品を扱かっています。

 

大和証券の「ダイワLMS」をご紹介します。
・手続きは簡単で即日の借り入れが可能

 

・使い用途は自由

 

・株式を売却して資金を得ると売却のタイミングを計ることも可能

 

・借り入れ可能は30万円?3000万円まで

 

・年利率 2.8%

 

・投資信託の借り入れ金の上限は時価の60%以内

 

無制限にお金を借りれるわけではありませんが、自分の資金の範囲内かつ健全にお金を借り入れができるのが大きなメリットだと言えます。
投資信託担保ローンは派遣などの職業条件はありません。
派遣先や派遣元にバレずにお金を借り入れできる方法として投資信託を利用することを覚えておくと良いでしょう。
健全にお金を借りたいまたは返す方法を知りたいという場合は、証券会社のローンを考えてみても良いと思いますしお金を運用するにも貯金や預金をするのも「緊急時」のときに利用する用途して検討してみてくださいね。

 

老後資金に蓄えている投資信託も時には緊急時の対応にも利用する考えを持つと借り入れをする幅や知識が増えるし、闇金に手を出さずに済みます。

 

  フリーターの場合

 

会社を辞めてしばらくフリーターをしながら転職を考えることはよくある話ですよね。フリーターになると今までの生活を維持するのは難しくなるかもしれません。
フリーターとなると、収入が安定しないとみられることもあります。
お金を借りるすべはあるのでしょうか。
一定の条件がクリアできれば、お金を借りたい時に借りることが可能です。

 

【消費者金融・銀行カードローン】

 

・長期の収入が見込める
・今はフリーターだけど、就職先が決まっている
・20歳以上である
・ブラックではない

以上の条件を満たせばフリーターであっても、お金の借り入れは可能です。

 

消費者金融には「総量規制」で、年収の1/3以上の借り入れが禁止されており、会社によっては一定の借り入れ金額を超えると「収入証明書」の提出が必要となります。つまり、借り入れをできるお金が限られています。
フリーターの場合、会社員よりは「返済能力」が低く見られるイメージが強いですが、収入の1/3までの金額であれば借り入れが可能であるといえます。

 

 

 

 

総量規制を関係なくお金の借り入れをしたい場合は、銀行のカードローンを使うと良いでしょう。金利は消費者金融より低く設定していますが、逆に審査が厳しくなっています。
しかし、銀行のカードローンは専業主婦でも借り入れが可能というくらい条件が緩いため、フリーターかつ一定の収入が見込みがあれば断然銀行のカードローンのほうが使い勝手が良いでしょう。

 

【投資信託】

派遣でも、フリーターでも生活保護を受けていても、お金が借りたい

国債を郵便局で買った場合には、ゆうちょ銀行の「国債等担保自動貸付」を利用することができます。
国債で運用しているのが条件で、葉国額面の80%か200万円の上限で貸付してくれるます。
貸付期間は1年間で、その間に国債の償還金が戻ればそのお金で返済が可能です。
健全なやり方でお金を借りたいという方にはおすすめの方法です。

 

フリーターだからとやみくもに闇金や曖昧な個人間融資に手を出す前に、健全なやり方でお金を借りられる方法をみつけられる知識をもちましょう。

 

 

  生活保護受給者の場合

 

中には自己破産をして、生活保護を受けている方もいらっしゃいます。
お金を借りるすべはあるのでしょうか。

 

【消費者金融】

生活保護の方で国からの生活援助を収入と伝えたり、無職ではなくバイトなどの収入があると伝えると
消費者金融の審査に通りやすくなり、借り入れができる場合もあります。
また、そのように借り入れをしている方もいらっしゃるようです。
しかし、お金の借り入れが役所にばれれば、生活保護の受給を打ち切られるリスクを伴いますし、これは大手消費者金融では通用しません。

 

【役所からの借り入れ】

生活福祉金制度という制度があります。(生活福祉金貸付制度ともいいます)

・金融会社からの借り入れができない低所帯

 

・障害者手帳を持っている家族がいる所帯

 

・65歳以上の高齢者がいる所帯

以上の条件を満たす人が対象で、
「総合支援資金」「福祉金融」「教育資金」「不動産担保型生活資金」のいずれかの支援を受けることができます。
大半は生活費用を目的たした「総合支援金」を利用するようです。

 

高齢化の影響で今後使う人が多くなる?

金融会社は65歳以上の借り入れを禁止しているため、会社勤めしていた頃の蓄えと年金で生活しないといけません。
これからは、蓄えたお金だけでは生活できない「老後破綻」の所帯が増えていく傾向にあるとされています。
お金が借りたくても借りられない。働きたくても体が動けないう状況は誰にでも起こりうることです。
生活保護の受給者も総合支援金の併用は可能なため、お金を借りる最後の手段として知っておくと良いでょう。